ハンナ・アーレントの考えが知りたい

こんにちは、渡辺 堅伍です。

最近、哲学に興味があって、「哲学用語図鑑」を読みました。

西洋哲学の概要が分かるので、この本はオススメ!

 

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

 

 

哲学者でいうと、ハンナ・アーレントとかニーチェが気になってます。

あとは、プラトンの哲人政治の考えも気になりますね。

 

で、色々調べてたら、ハンナ・アーレントの書籍の新版が出るとか。

なんてタイミングのいい……。絶対買います。

www.msz.co.jp

 

私がなぜハンナ・アーレントの考えに興味があるかというと、全体主義に関する考察をした哲学者だからです。

ハンナ・アーレント - Wikipedia

ここ数年、日本に限らず、独裁的傾向の強い政治家が多く出てきたように感じます。

しかし、その政治家たちは大多数の国民の支持を受けている。(どこぞの首相は”支持を受けていた”になってますが)

自由を欲しているはずの庶民が、自由を縛る傾向にある政治家を支持するというこの不可思議な傾向はなぜ生まれるのか?

民主主義はなぜ独裁に行き着くのか?

これに関する答えを知りたいと思い、知ったのがこのハンナ・アーレントという方です。

『全体主義の起原』『エルサレムのアイヒマン』も読んだら、書評を書こうと思います。